会誌「電力土木」

目次へ戻る

海外情報

タイ国 IPP ガスコンバインドサイクル発電プロジェクトにおける杭工事

 

栗 夏代子

J-POWER Generation (Thailand) Co., Ltd. Senior Manager

藤田 勇樹

J-POWER Generation (Thailand) Co., Ltd. Civil Engineer

概 要 

J-POWER は,タイ国において,13地点で発電所(総出力2,627 MW,当社持分出力1,509 MW)を運転中であり,2013年 7 月現在,2 件の IPP プロジェクトおよび 1 件の SPP(Small Power Producer)プロジェクトに参画し,3 地点でガスコンバインドサイクル火力発電所(総出力3,320 MW)を建設中である。現在建設中の IPP ガスコンバインドサイクル発電プロジェクトでは,構造物の基礎形式を杭基礎としている。杭打設時に,杭が円周方向に割れる現象が発生したため,杭の破損の現象を調査し,対策を検討した。本稿は,IPP ガスコンバインドサイクル発電プロジェクトにおける杭工事の概要について報告するものである。

キーワード:杭,打止め管理,杭破損

ホームページ上では、「概要」のみを掲載しております。

     
     
ページのトップへ